2006年04月18日

アフィリエイト売ることは、映画と同じ?


昨日、ホストの特集番組、見ました!

1本数千万円のお酒を飲んでいて、度肝を抜かれましたけど・・・。


札束が、バックからおもむろに出されていたのにも
二度ビックリしました。。。



最近は、お笑いタレント、ヒロシなど、ホストから、芸能界へ行く人
って増えてきているってききます。


ホスト業界と芸能界。

どちらも、常識を超えた世界です。(^_^;)





では、今日の本題!



今日の本題は、映画と売れる文章について。


実は、映画は、売れる文章を書くにあたって非常に
参考になるんですよ。




例えば、つまらない映画とか思い浮かびますか?

どういう映画が、今まで見ていてつまらないな〜と感じますか?



例えば、このような映画が多いのではないでしょうか。


●あらすじが、全くつかめない

●最初の30分で、結末が予想できる


このような映画はつまらないですよね。

私も、途中で、見るのをやめてしまいます。


例えば、北野たけしさんの以前ベネチアで高く評価
された『TAKESHIS’』とかは、ちょっと

●あらすじが、全くつかめない


という部類に入るような・・・。

私は、ついていけませんでした。

少なくとも、私個人の感想は、これに
当てはまります。




文章も同じで、出来る限り、最大限
多くの人に理解できる書き方でなければ、
リンクをクリックしてくれることはありません。


●専門用語を無くす

●長すぎる文は使わない

などに注意が必要です。


意味の分からないものには、
反応のしようがない、という至極当然の結果です。




また、一方で、全てを簡単に書けばいい、というものでも

ありません。



あまりにも、当たり前のことを説明すると、
読者は、「馬鹿にされている」という印象を持ってしまう
からです。



つまり、文章は難しすぎても、
簡単すぎてもいけない。



先の展開が読めず、いったいこの話の結論はどうなるんだ?

そう、ちょっど面白い映画のように。


こう思わせることができれば、読者を文章に釘付けに
することができます。


映画と文章。どちらも、同じなんですね。


応援をいただけるなら、ぽちっとお願いします。

ブログランキング ブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16730771

この記事へのトラックバック

映画「TAKESHIS’」★★★
Excerpt: >映画「TAKESHIS’」★★★ 行ってきました、渋谷の映画館に。 水曜日のレディースデイだったので、割かし女性が多かったかも。 残念ながらパンフは売り切れていました。 こ..
Weblog: AI-z「出田直正(nao)の一日。」
Tracked: 2006-08-18 04:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。